長期入院となると、家族の面会は次第に減ってしまいますよね。家族としての責任は最低限果たさないといけないと思いますが・・・。

昔に比べると、早期退院が勧められ、病院のベットの回転もだいぶ良くなったなぁって思いますね。 しかし、中には医療を必要とし、とても退院して生活出来るような状態になれない患者さんも多くいます(;´Д`A そういった患者さんは、長期入院を余儀無くされているわけです。 とくに、高齢者の長期入院は多いですよね(´・Д・)」 やはり、全身の機能も低下していますし、入院生活によって寝たきりの生活が続くことで認知症を併発したり、誤嚥によって肺炎を繰り返したり、入院前の身体状況に戻ることは難しいということも大きな原因ですね。 入院前は、一人で歩いて、自立した生活を送っていたのに、病気をしたことにより、寝たきりの生活になってしまう人もいます。 認知症などを併発すると、人格そのものも健康な時の人格とは変わってしまい、家族の受け入れ難い状況も発生します( ;´Д`) そんなことから、徐々に家族の足も遠のき、見舞いもほとんど来ないような患者さんも多くいるのです。 自宅に帰ることが不可能で、施設への入所希望を申請しても、今はそんな高齢者が溢れていますから、入所も待機期間が長く、なかなか入所が決まらずに行く先のない患者さんも多くいます。 在宅医療を進めても、核家族が多く共働きの息子夫婦しかおらず、在宅での介護は困難という家庭も多いですね(・_・; 長期入院していても、家族も誰も来ない患者さんは、なんだか可哀想に思います。 死の淵から生還して、せっかく長生きしているのに、ただ毎日ベットの上で過ごし、見舞いもなく毎日が終わって行く...。 自分がこの患者さんだったら...と思うと切ないですね>_< 病院に入院していれば安心という家族の気持ちもわかりますが、やはり家族としての責任は、最低限果たして欲しいな...と切に願いますね(T ^ T)