登録なし 無料 看護師求人

寝たきり患者さんへの接し方で、どんな看護師なのか分かりますよね。意識がなくても丁寧に清拭や洗髪をする優しい先輩が1人います。

寝たきりの患者さんというのは、自分で何もできませんよね。
何か訴える事も、意思を伝える事もできません。
そのような患者さんには、オムツ交換、体位交換、食事の介助、入浴の介助など、看護師が行っています。
寝たきりの患者さんは、会話を交わす事ができませんよね。
でも、寝たきりの患者さんにどのように接しているかで、どんな看護師なのかが分かる気がするんです。

 

私の職場には、たとえ寝たきりの患者さんだとしても、意思の疎通ができない患者さんだとしても、
丁寧に声をかけながら介助をしている先輩看護師がいるんです。
例えば、食事の介助をしている時には、料理について一つ一つ説明しながら、食事を口に運んでいます。
もちろん声を架けても、言葉が帰って来る事はありません。
でも、優しく声を架けながら患者さんと関わっているんです。
患者さんは、たとえ訴える事ができなくても、そのような優しいケアをしてもらっている事は、
良く分かっていると思うんですよね。
私は、そのような対応をしている先輩看護師をとても尊敬しています。

 

でも、看護師の中には全く別の接し方をしている方もいるんですよ。
オムツ交換にしても体位交換にしても、全く声をかける事がなく、まるで物を扱うような感じで、
私語をしながら対応している方もいるんです。
そのような対応をしている看護師は、仕事は早いんですけど、患者さんにとっては良くないですよね。
その他にも、会話ができる患者さんに対しては気を使っているのに、寝たきりの患者さんに対しては、
ぶっきらぼうな対応をしている方もいるんです。

 

どのような患者さんに対しても、患者さんの意思を尊重した看護をする事が当然だと思うんです。
私は、尊敬できる先輩のような、患者さんの気持ちを常に考える看護師になりたいと思っていますね。